役員・幹事一覧

水島総
(株)日本文化チャンネル桜 代表取締役社長。映画監督、脚本家。
昭和24(1949)年静岡県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。 映画「南京の真実 第一部 七人の『死刑囚』」「南の島に雪が降る」「奇跡の山」、ドキュメンタリー「特攻 國破れても國は滅びず」、テレビドラマ「車椅子の花嫁」(プラハ国際テレ ビ祭視聴者大賞)「アトランタホテル物語」(ギャラクシー賞奨励賞)「夢の帰る場所」「フィリピーナを愛した男たち」など、300本以上の監督・脚本作品がある。
現在、映画「南京の真実 第二部」を製作中。また、雑 誌「正論」「WiLL」にて連載を受け持つ。
日本映画監督協会会員、日本脚本家連盟会員。


植松和子
昭和21(1946)年神奈川県生まれ。函南町議会議員(現在二期目)。建設・経済委員。
親学アドバイザー(一般財団法人親学推進協会認定)、函南町子育てサポーターリーダー、ブルーリボンの会函南代表、靖国神社に参拝する地方議員の会会員、誇りある日本をつくる会静岡県本部事務局長などの肩書を持つ。モットーは「日本人らしく生きていきたい」。



※平成27年6月逝去。
拓殖大学名誉教授。1938(昭和13)年 山梨県生まれ。
立教大学卒業後、日本経済新聞社に入社。文化部で活躍し、読書面のコラムを25年にわたって執筆する。編集委員を経て97年退社。拓殖大学日本文化研究所所長、同顧問などを歴任。
著書に『自画像としての都市』『劇的なる精神 福田恒存』『日本あやうし』『言葉を玩んで国を喪う』『共同体を保守再生せよ』『日本再生・一国一文明の気概を』『明智光秀-正統を護った武将』などがある。



上田典彦、大峡 昇、鍛冶俊樹、永山英樹、新垣敬輝、菱倉義成、松浦威明、三輪和雄